「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

我楽亭ハリト Warattei Harito Between Fiction and Reality 

warattei.exblog.jp ブログトップ

「2020年五輪はどこへ?」 イスタンブール編 / VTR

NHK BS1で9月7日に放送された「2020年五輪はどこへ?」
という特集番組のためにイスタンブールで作った、面白おかしいVTRでございます。
果たしてあの番組には笑いが必要だったのか、と思いつつ、
ロケ中はとても楽しませていただきました。

(映像は限定公開しました。こちらのサイトを知っている人、Facebook友達やYoutubeリンクを知っている人のみが動画を発生できます。)
[PR]
# by warattei | 2013-10-19 01:04

オリンピックはどこに決まる?2020 Olympic Host City: Tokyo, Istanbul or Madrid?

この度、NHK取材の番組に出演することになりました。

詳細は下記の通りです。
チャンネル:NHK BS1
番組名「2020年五輪はどこへ」
放送日:2013年9月7日(土)19時から20時50分

番組では、日本人のスポーツ関係者や著名人が、
オリンピック開催地がどこに選ばれるかをディスカッションします。
私は、番組のためにリポーターになってイスタンブールで走り回り、VTRを作りました。
また中継でイスタンブールから結んでディスカッションに参加します。
お時間がございましたら是非ご覧ください。
f0131693_22122759.jpg

[PR]
# by warattei | 2013-08-30 22:12

Twit yazmak, Twitterをやってます。

最近Twitterやっています。
アドレスはこちら→ twitter.com/#!/waratteiharito

ブログよりツイッターの時代というより、
博士論文を書いていながら、あれこれに追われて、
あれこれ挑戦しながら、あれこれやっていますので、
時は金なりと言いますか、ささっと打てるから楽といいますか・・・

ツイッターでは、
トルコと日本をはじめ、私にとって興味深い世界ニュースや
映画界や芸能界にも入らせていただいていることから、
テレビ、映画、伝統芸能などの情報をシェア―しようと思っています。
たとえば、今関わっている日本・トルコ合作映画プロジェクトの一員として、
これから体験していくだろう様々な嬉しいこと、楽しいこと、感動すること、緊張することなどを
ちょこちょこ呟いていけばと思っています。
それから、我楽亭・ハリトから見る日本人論、トルコ人論を若干付けくわえつつ、です。
そして、時には日本語、英語、トルコ語に関することや、
博士論文を頑張っていることから、アカデミックなことも若干呟きつつ、です。
もちろん、時間がある限りでございます。

時間がある時、ブログも更新します。
[PR]
# by warattei | 2012-03-30 02:05

A Nasrettin Hoca Joke by Warattei Harito

ナスレッティン・ホジャは、トルコ人の笑い文化を
分かってもらう上で最も大切な人物、と思いまして、
この夏、ナズレッティン・ホジャの小話を披露させていただきました。
落語のスタイルで、英語字幕付きで、
どうぞお楽しみくださいませ。

Nasrettin Hoca, özellikle komedinin büyük bir sektör olduğu Japonya'da
daha fazla bilinmesi gereken, bizim kültürümüzü ve komediye
bakışımızı en güzel şekliyle ifade eden bir karakter.
İşte bu yüzden geçtiğimiz yaz, bir fırsatını yakalamışken
Nasrettin Hoca'nın bir fıkrasını "oynamak" istedim.
"Oynamak"tan kastım, fıkrayı Rakugo tarzıyla canlandırarak
tiyatralleştirmemden ötürü.
Buyrun, İngilizce alt yazısıyla Japonca Nasrettın Hoca fıkrası.

[PR]
# by warattei | 2011-12-15 04:58

トルコ人1人に、日本人200人

先月、「桂三枝の川柳激情」という本をプレゼントされました。
川柳を通してご自分にとって重要であろう沢山のキーワードについて一言述べている、
要は三枝自伝的な本でございます。
f0131693_3555178.jpg
その中で国際化というコラムがあるのですが、
そこで三枝さんが下記のように語っておられます。

「先日、私が審査委員長を務める、第7回目の学生落語選手権が岐阜市で行われました・・・驚いたのは、200人程の予選を勝ち抜いて選ばれた8人の中に、トルコ人の学生さんがいたことです(実を言うと3位でしたが)・・・日本語がうまいだけではなく、笑いの作り方が実にうまく・・・落語界も今や大相撲状態になりつつあるのです。」

大相撲状態とは何かちょっと違うような、
そして、私に関するお言葉も、ちょっとこのボクにはもったいないような、
気がしない訳でもありませんが、
正直言って、ありがたい限りでございます。
三枝師匠、いやっ文枝師匠、
ありがとうございました!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by warattei | 2011-11-27 03:59

我楽亭・ハリト


by warattei
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite